Webデザイナーになるには

Webデザイナーになるには

Webデザイナーは、免許制の職業ではないので、誰でも「名乗ればなれる」という面はあります。
その分「力がない人は仕事もない。優秀な人に仕事が集まる」という厳しい現実があります。

「Webデザイナーになりたい」という人は、まず「一つのWebサイト制作に、たくさんのスタッフが関わっている」ということを知りましょう。

Webディレクターは、クライアント(依頼主)とスタッフの間に立ち、スタッフに適切な指示を出し、進捗管理を行う「監督」の立場です。
Webディレクターのもとで、Webデザイナー、Webライター、コーダー、プログラマーなど、様々な職種の人が関わりながら、一つのWebサイトが制作されるのです。

Webに携わる仕事の中で、企画を立てること、Webサイトを実際にデザインすること、文章を書くことなど、どの仕事をしたいのか、よく考えましょう。

スクールを選ぶ際にも、Web関係のコースが、細かく設定がされている場合も多いので「どの仕事」を希望しているのか、明確にしてから、コースを選ぶことが大切になります。

Webデザイナーは、「デザイン」を生み出すことが仕事です。
「デザイン」には、「レイアウト設計」「ビジュアル設計」の2つがあります。
Webサイト設計書に記載されているサイトマップなどを見て、どのようなレイアウトにすべきかを考えるのがレイアウト設計です。

ビジュアル設計は、Webデザイナーにとって最も大事な仕事であり、腕を活かせる部分でもあります。
レイアウト設計に基づいて、ビジュアル面でどういうサイトをつくれば、ユーザーに必要な情報を、わかりやすく伝えられるかを考えながら、デザインすることが大事です。

ポイントサイト 比較でお小遣い稼ぎ

在宅アルバイトで副収入

ソーラー発電について、あいうえお順に専門用語を解説しています。
ソーラー発電